現代の縁側=窓際ベンチ

窓際ベンチ

 

こんにちわ。相も変わらず間取りを描いているerisaです!(@erisa.ina)

前回、「小さな居場所がつくりだす、早く帰りたくなる居心地の良い家」という記事を書いたのですが、今日はわが家の中にある、おすすめの「居場所」についてお伝えします。

それは、「現代の縁側」ともいうべき、窓際ベンチです!

 

窓際ベンチってなに?

掃き出し窓や腰窓に沿って造り付けのベンチを設置したものです。

ウィンドウシート・ベンチシート・インナーデッキなど様々な名前で呼ばれています。

海外だと、座面や背もたれにクッションまで造り付けして、本を読んだりできるウィンドウシートが人気です。インテリア的にもとってもかわいいし、省スペースでくつろぎの居場所が作れるので、狭小住宅や子供部屋にもおススメです。

日本だと、クッションの張られていない木製のベンチを、外と行き来できる掃き出し窓の手前につけて、外のウッドデッキが室内まで伸びてきちゃったように見せるインナーデッキが人気です。

 

現代の縁側ってウッドデッキじゃないの?

前回の「居場所をつくるポイント」を覚えていますでしょうか?

忘れた方のために、一部だけ抜粋すると…

居場所をつくる3つのポイント

1.座れる場所をつくる

これは一番大事なことです。ゆったり落ち着くためにはどっしり座れることが大事。
できればゴロ寝ができたり、背もたれに体を預けられればなおヨシ。

座れる場所があると、人は自然とその場所に止まります。ここにお座りくださいと説明しなくたって、ちょうどいい段差があると、人は自然に腰かけてしまうのです。

です。思い出しましたか?

昔からの日本家屋の縁側は、何が素晴らしかったかというと、やはり自然と腰かけてしまうところにあったと思います。ご近所の方々がふらっと寄って、靴を履いたまま腰かけてお茶を飲んでいく。そんな外と中の境目にある、座れる場所。それが縁側だったのです。

そこから考えると、ウッドデッキって、腰かけれないじゃないですか?

リビングとフラットにつながっているのは使いやすいけど、ウッドデッキにアウトドア用の椅子を置いたりしないと座れません。直接、ウッドデッキの地べたに座り込んでもいいんですが、土足で使用してたりすると、なかなかそうもいきません。

つまり、座れない場所ウッドデッキは、「自然と腰かけてしまう」という縁側の最大の強みをもっていないのです!

外と中の境目にあって、家族がふらっと腰かけてしまう。窓際ベンチはやっぱり、現代の縁側だと思うのです。

 

窓際ベンチの何がいいの?

1.会話が弾む

erisaの家の場合、リビングの床の高さは、マイナス35センチ掘り込んであります。

つまりベンチの高さは35センチ。ソファの高さと同じくらいなので、ここに腰掛けて、ソファに座っている人と会話がしやすくなります。

2.外と中が曖昧になる

掃き出し窓の外にウッドデッキ、掃き出し窓の中にインナーデッキを設置すると、床がひとつづきになっているように感じ、どこまでが室内でどこからが外かわかりにくくなります。

境目がわからなくなるとウッドデッキ部分までも室内のような気がしてきて、体感するLDKの面積がより広く感じられます。

3.横に寝そべれる

夏場、少し広めのインナーデッキに寝そべって空を見上げると、木のベンチはひんやりと心地よく、格好のお昼寝スペースです。わが家でもよく旦那さんがお昼寝をしています。

4.家族が多いおうちに最適

家族が多い家だと、ソファに座ろうと思ってもすでにほかの人で埋まっていて座れず、リビングでテレビを見たりしづらい、というのがあると思います。

そんな時、リビングに窓際ベンチ(インナーデッキ)があったなら、そこに自然と腰かけることができるので、みんなといっしょにリビングで団らんすることができます。

5.ホームパーティーに便利

友達がたくさん遊びに来るホームパーティ。だけど、人数分も椅子なんてない!

そんなとき、窓際ベンチ(インナーデッキ)の前にダイニングテーブルを運べば、たくさんの人が座れるテーブル&チェアの完成です!

うちでもホームパーティーをするときは、ここの前にダイニングテーブルを降ろして、大勢で座れるベンチチェアとして大活躍しています!

6.子供のお絵かきにぴったり

子供がお絵かきをしたり工作をしたりする机代わりにしています。子供用の机に比べてとっても広いので、作業がやりやすいみたいで、いつも集中して黙々と書いています。

7.赤ちゃんのベビーゲートに…はならないかな

つかまり立ちができるようになったうちの赤ちゃん。ベンチにつかまって立っちするのが大好き。

キッチンのほうや階段のほうなど危険なところに行かないように、このベンチにつかまれるところまででしか行動できないから安心♡と思っていたところ、1か月ほどでベンチを登れるようになってしまいましたーーー!(涙)

窓際ベンチ

結論!窓際ベンチで暮らしをもっと楽しく

椅子にも、机にも、デイベッドにもなる窓際ベンチ。このフレキシブルさが、いいですよね!

何より、外の自然が近くにある窓辺に座るのは気持ちがいいんです。

おうちの中にひとつ、窓際ベンチはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です