時短の救世主はランドリールーム!洗濯動線には100%こだわり抜け【後編】

洗濯動線

こんにちわ!erisa(@erisa.ina)です。

今回は、5000字近くなって二回にわけた、洗濯動線のお話の後編。

前編では、家事動線のシミュレーションの仕方についてお話ししましたので
よかったらそちらを読んでから、この続きを読んでくださいね。

時短の救世主はランドリールーム!洗濯動線には100%こだわり抜け【前編】はこちら)

それでは後編は具体的な間取りのお話のスタートです!

 

 

一般的なよくある間取りだけど…

とってもよくある間取りについて書きます。

 

一階にキッチン・洗面脱衣室(洗濯機もここ)・お風呂があって、

二階の寝室の窓際に室内干し用の天吊りスティック型の台座を二つ天井に着けておく。

また、寝室から奥行900のバルコニーにでることができて、そこで外干し。

寝室についたウォークインクローゼットにしまう。

 

おそらく、最も一般的な二階建ての間取りの一つではないでしょうか。

うちのドSな間取りセンセイが、この間取りに物申したい、ということでうずうずされてらっしゃって…

これを読まれている方にもこの間取りの方がいると思うので、ほんとに失礼なことを言ってしまうとおもうので

先に謝らせてください。ごめんなさい!

 

 

「それじゃぁ、まいりますわよ~!準備はよろしくて?」(天の声)

シュタッ!!(着地した音)

 

誰が呼んだか、間取りセンセイ。これまで一度だけ登場して忘れ去られていた間取りセンセイ、再び参上!

 

この一般的な間取りに、さっきの洗濯動線のタスクを組み合わせてごらんなさい。

 

1F ①脱ぐ → ②一部汚れ物を手洗いする → ③洗う → 2F ④干す(つるす) → ⑤外に干す →

⑥取り込む → ⑦畳む → ⑧家族ごとに仕分けする → ⑨しまう

 

ということは、③と④の間に階段が来るのよ。無駄にカロリーを消費する、階段ってやつがね。

途中に階段とか挟んでくると、家事の移動距離としても、もうえげつないくらいに歩数稼いじゃうんだから。

 

しかも、しかもよ!

「濡れた洗濯物をカゴいっぱいに持って、狭い階段をのぼる」のよ。

いったい、なんの訓練なの?筋トレ?もしくは修行僧?

その昔に、この間取りを最初に普及させた人、絶対男性で、自分は洗濯しないで奥さんが全部やってくれてたのよね…(遠い目)

 

戦後か!!

今いったいいつだと思ってるのよ。21世紀よ。ドラえもんは2012年には生まれている設定なのよ!

 

間取りセンセイ…

言いにくいのですが、ドラえもんの誕生日は2012年から2112年に設定が変更されたようです。
歳がばれますよ…コソッ

 

細かいこたぁーごちゃごちゃ言わない!

とにかく、言いたいことはね、

「家事動線を軽視する担当者は、家族分の自宅の家事を一か月全部やってから言え~!」

ってことよ。

 

それに寝室窓際の室内干しについても。

天吊り物干しの台座は確かに便利!物干し竿を設置していないときは、目立たないしスッキリですもの。

そう、「物干し竿を設置していないときはね!」

 

っていうか、室内干しの物干し竿って、毎回はずすの?

 

室内干し畳み終わったら、竿を外して、干すときになったら、また竿を持ち上げて左右の端をひっかけるの?

 

バーベルか!!

 

外さないわ~。そのままひっかけておくわ~。

ってことはほぼほぼ常設展示中ってことよね。物干し竿やピンチハンガーが。

 

寝るときに天井から何かぶら下がってるものが視界に入ったら、落ち着いて眠れる?

地震が起きたら、ゆっさゆっさベッドの上で揺れるのよ。こわくない?

 

もっと落ち着いて眠りましょうよ。人生の三分の一は睡眠時間よ。

もっと眠りの質を高めましょう。

 

 

「じゃあどんな間取りならいいの?」

という声が聞こえてきそうだから先に結論から申し上げますわ!

洗濯動線の間取り成功パターンはこの2つ!

1.1Fにランドリールーム&ファミリークローゼット

2.2Fにお風呂

それぞれ詳しく見ていきましょ!

 

1Fにランドリールーム&ファミリークローゼット

 

これは最近とても希望の多い間取りじゃないかしら。

主婦の理想よね~。

1Fにキッチン・お風呂・脱衣・洗面・ファミクロ・ランドリールーム。

ファミクロっていうとユニクロの新店舗みたいだけど、

家事の全部がこの一角で終わるのは最高よね!

それぞれ面積が狭くなる場合は兼用にするのも全然OKよ。

 

例えば、女の子がいるから将来のために脱衣と洗面はわけたいっていうのなら、

脱衣室兼ランドリールームにして、その中に小さなファミクロとして下着やパジャマや部屋着を入れられる収納だけは設置する。

この場合大事なことは、3つ。

  1. 室内干しスペースは干しっぱなしでも気にならない配置(なるべく下を通らない)にすること。
  2. できればそこから外に干せる出入り口や窓があると便利。
  3. 汚れの強いものを手洗いするためのスロップシンクをつける!水・お湯出ると汚れが落ちやすいわよ!

 

特に3番は忘れがちだけれど、洗面室が遠い場合は、手洗いする場所がないからやっぱり水場はあったほうがいいわよね。

赤ちゃんのう〇ちに、子供のおもらしに、泥汚れに。つけおきするのにも水場が欲しくなるわよね。

どうしても広さ予算的に厳しい場合はお風呂場で手洗いすることをシミュレーションに入れてみてね!

 

 

だけど、ほんとこういうのって洗濯しない人にはわからないわよね。

担当の営業マンに「今はドラム式で洗濯も乾燥もスイッチ一つだから狭くても大丈夫ですよ」と

言われた方がいらっしゃったけど、

 

あなたのワイシャツのエリ汚れつけおきして、乾燥機にかけると縮むから別に干して、アイロンかけてる嫁のことわかって言ってる?

今日の夜、感謝のしるしにケーキでも買って帰って!

ほんとに全部乾燥機でいけるとでも思ってるのかしら。プンプン

 

でも、この間取りパターンは最初の要望として出されても最終的に仕分けされてしまうことも多いの。

それはなぜかというと…

1Fにキッチン・お風呂・脱衣・洗面・ファミクロ・ランドリールーム。

と、さらに

広いLDK・シュークローク・和室・パントリーも欲しいわぁってなるんです。笑

 

平屋か!!

1階だけでとんでもない床面積になるわよ。

建ぺい率大丈夫?予算大丈夫?駐車場ちゃんととれる?

 

そうなの。この間取りのデメリットは、1階がやたら巨大になるということ。

一般的には総二階(1階も2階も同じ大きさ)が一番建築費は抑えられるといわれているから

この間取りパターンの場合は、土地の広さも予算も必要になってくるのよね。

(1階2階関係なく、一律の坪単価で料金が決まる会社もある)

 

それを解決するのがもう一つのこちらのパターン!

もうアタシはしゃべりすぎておなかすいてきたから、erisaにバトンタッチするわ。

 

意外といける!二階にお風呂プラン

唐突…

さて、気を取り直して、先ほどの洗濯動線にかかる行動(タスク)を見直してみましょう。

①脱ぐ → ②一部汚れ物を手洗いする → ③洗う → ④干す(つるす) → ⑤外に干す → ⑥取り込む → ⑦畳む → ⑧家族ごとに仕分けする → ⑨しまう

この一連の行動(タスク)をなるべく近距離で、同じフロアで終わらせてしまえばいいわけだから、

①の「脱ぐ」ところから、⑨の「しまう」までを全部二階にあげてしまえばいいかも!

 

というのが二階にお風呂をつくる理由です。

そうすることで、一階には広いLDK・シュークローク・和室・パントリーなんかを増やしても

余裕があって、二階の面積のバランスともとりやすく、総二階に近づく!というわけです。

 

「二階にお風呂」と聞くだけでいぶかしげな顔をする人もいるかもしれないけれど、

イメージだけで、考えないのはもったいないので、今から一緒にシミュレーションをしてみましょう。

 

夜はいつもの時間になったら、二階に上がってお風呂に入って、パジャマに着替えて、歯を磨いて、そのまま子供とベッドに直行。
(時間帯でしっかり生活を区切れるのはいいかも♡)

子供を寝かしつけたら、一階でテレビを見たり、音楽をかけたりとおとなの自由時間。

朝になったら、寝室から洗面室に直行して、顔を洗ったら、まずは洗濯機を回します。

そのあと一階で朝ご飯や家事を終わらせて、洗濯が終わった合図が聞こえたら

二階に行って、洗濯物をすぐそばに室内干し。
家にいる日や、良く晴れた日は、バルコニーに外干し。

スキンケアやメイクを洗面室で終わらせて、クローゼットで外出着に着替えたら、準備完了。

一階に降りて、いってきまーす!

 

というイメージです。

イメージというかerisa家です。笑

けっこう使い勝手良く、洗濯動線は成功したなと思います。

意外にいいとおもうんだけどな~。二階にお風呂は少数派ですよね。

 

このパターンの場合のポイントは、小さくてもいいので、一階に洗面台(手洗い)があるとなにかと便利ですね!

わが家はトイレの中に作っちゃったけど、これはトイレの外に独立させるべきだったなーと感じています。

これから建てられる方は、ぜひ独立洗面台(手洗い)を!

 

結論

 

さて、二回にわたって語ってきた洗濯動線論。

一番伝えたかったことは

「間取りを決定する前に、洗濯動線のシミュレーションを徹底的に行ってほしい」

ということです。

 

①脱ぐ → ②一部汚れ物を手洗いする → ③洗う → ④干す(つるす) → ⑤外に干す → ⑥取り込む → ⑦畳む → ⑧家族ごとに仕分けする → ⑨しまう

の行動(タスク)に沿って、自分の間取り図の上のヒトを歩かせて生活をシミュレーションしてみましょう。

 

そして、ぜひとも洗濯動線やランドリールームにはこだわって、面積を少し割いてあげてください。

たとえ、他の部分が少し狭くなったとしてもね!

それだけで、生活がだいぶスムーズになると思いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です